Dante(TM)システム対応マルチチャンネル?オーディオ?インターフェイス

Symphony I/O Mk IIは ApogeeのフラッグシップAD/DAコンバージョン、最大32チャンネルものモジュラー?カスタム?コンフィギュレーションのアナログ入出力、直感的なタッチスクリーンディスプレイを搭載し、オプションで世界基準品質のマイクプリアンプを搭載することも可能です。プロフェッショナル品質のオーディオレコーディング、ミキシングやマスタリングのために設計されたSymphony I/O Mk IIは、現代的なスタジオにおける最高の音楽制作の中心部として役割を果たしています。

そして、Symphony I/O Mk II Dante オプションカードとイーサネットケーブルさえあれば、Symphony I/O Mk IIをポストプロダクション、ブロードキャスト、ライブやレコーディングスタジオのネットワークに簡単に接続、シェアすることが可能になりました。高い支持を得ているあのサウンド?クオリティを、最も人気の高いaudio-over-IPソリューション上で利用することができるのです。Symphony I/O Mk II DanteオプションカードはPro Tools HDへの接続も可能で、Pro Tools HDシステムをDanteネットワーク環境に統合することもできます。他のDante対応のオーディオインターフェイスで、これほどまでのクオリティ、柔軟性とモジュラリティを持つものはありません。

【特徴】
●究極のサウンド?クオリティ - ApogeeのフラッグシップAD/DAコンバージョンと、オプションのマイクプリアンプ I/O - 単体で最大32チャンネルのアナログ入出力と、オプションの8つのマイクプリアンプ

●Pro Tools HD 周辺機器ポート - 最大32ch@192kHzで双方向チャンネルでの送受信をサポート。Symphony I/Oの入力またはDanteのRxを、8チャンネルのブロックごとにPro Toolsに入力できます。Pro Tools HDの出力はDante TxとI/Oモジュールの出力に送られます。

●最も互換性が高いネットワークテクノロジー:他のDanteデバイスとシームレスに動作します。
●最大32ch@96kHz、16ch@192kHzの双方向チャンネルでの送受信をサポートします。
●Apogeeネットワーク?コントロール?ソフトウェア - マイクプリ(搭載時のみ)、キャリブレーション、モニターコントロールを含むSymphony I/Oの設定を、リモートでコントロール可能(macOSとWindows 10に対応)
キャリブレーション、モニターやマイクプリアンプなどのSymphony I/O Mk IIの全ての設定をコントロール

Symphony I/O MK II用のDante(TM)ネットワークオプションカードは、Audinate社のDante (TM) Brooklyn IIモジュールを搭載し、プラグアンドプレイで最大32ch@96kHz、16ch@192kHzの双方向チャンネルでの送受信をサポートします。Symphony I/O Mk IIにPro Tools HD周辺機器ポートを搭載することで、Pro Toolsセッション~Danteネットワーク~Symphony I/Oモジュール間でのオーディオルーティングが可能になります。スタンドアローンの機器を追加する必要はありません。